樺細工 桜皮細工 茶筒 (紙製箱入り)サイズ直径 約8.8cm   高さ 約11.5cm一般的な煎茶が150〜180g程度入ります。

生産国日本(岩手県) 素材桜皮・ブリキ  その他使い込むほど趣き深い表情に。

ネルなど柔らかい布で拭いてお手入れしてください。

山桜の樹皮で作られた茶筒。

桜皮細工(樺細工)は、山桜の樹皮を使い磨き上げて美しい光沢を出した伝統工芸品です。

ザラザラとして武骨ですらある山桜の樹皮が伝統工芸の技によって、他に類例のない美しさがもたらされます。

全くの自然のものでありながら、洗練されている。

伝統的なものであっても古びずにモダンな印象を持つ。

しかもこれは美術工芸品ではなく、日常的に私たちが使用する茶筒なのです。

茶色からやや赤みを帯びたような樹皮の皮目の色彩が、磨き込まれて深い飴色の艶を持ち、触れるとしっとりとした肌触り。

山桜の外樹皮は上から下まで一気に皮をはぎ取るようなことをしなければ、樹木は枯れる事は無く樹皮は再生し、その木は生き続けていきます。

山桜の樹皮を使った細工を樺細工の呼びますが、樺の木は使われません。

古来、山桜を「かには」と表現したものが後に「かば」に転化したと言われています。

茶筒の内側、内蓋はブリキ製です。

ブリキを使用することにより価格を抑え、またお使いやすくお手入れもしやすくなっております。

樺細工は日本固有のもので、秋田県の角角館が唯一の産地です。

そこで作り出される製品は、美しいだけでなく実用性を併せ持つ贅沢な逸品です日本茶、紅茶またコーヒーなどの保存に適しています。

          桜皮茶筒(日本製) 化粧箱入り(紙製)          サイズ:直径約8.8cm 高さ約11.5cm          内部:ブリキ製  容量:150〜180g (一般的な茶葉の場合)          お手入れは、柔らかい布で皮の目にそって乾拭きをしていただくと、          樺細工特有の光沢がますます。

          使い込み、経年変化する色調、奥行きのある光沢をお楽しみください。

 

レビュー件数0
レビュー平均0.0
ショップ 神戸芳香園 お茶といろいろ
税込価格 4,500円